スタッフ紹介

ほこぴー(鋒山 謙一)

ほこぴー(鋒山 謙一)

神奈川県川崎市出身、2007年に沖縄に移住。
湘南の海で親子対象の海辺の自然観察会をしたりスノーケリング教室をするNPOのスタッフを経てダイビングインストラクターへ。沖縄移住後、ヨガインストラクターになる。沖縄の自然が大好き。
人はみんなやりたいこと(自分自身の使命)を持っていて、そこを生きることが本当の幸せにつながると考えている。
サドベリーの100%子どもを信頼するという教育理念に共感。自分自身と向き合って自分自身でいられる学校運営に関わる。

ガンちゃん(鈴木康之)

ガンちゃん(鈴木康之)

静岡県は磐田の生まれ。通称ガンちゃん、4年弱の韓国生活を経、「康」は平和を意味することに心打たれ韓国語でガンと読むことからニックネームとした。平和は自分にとって大事であり作り上げてゆきたい事柄である。本校もまた民主制や自己決定権を大事にするあり方をとっているため平和を実現できる要素を多く含んでいると理解しスタッフとして関わりを持ちたいと思った。趣味は野鳥観察と焚き火。

あすか(鈴木安朱花)

あすか(鈴木安朱花)

自然との関わりなど多くの影響を受けた父親の病を機に生きることについて真剣に考えるようになる。学生時代、ケニアの難民キャンプやパレスティナを訪れたり、自立生活を送る重度の障害のある友人の介護に入ったり、知的障がいを持つ人々と共に暮らすコミュニティに通ったりした。卒業後数か月間シュタイナー教育を実践する日本のオルタナティブ教育の現場に出入りした後、東京都の公立小学校で教員となり、7年間学級担任を務める。育児休暇中に京都で3年間暮らす。海外から来日している母親たちと親交を深め、自然育児を実践する母親たちと自主保育を経験する中で、「異なる意見や様々な背景をもつ人同士が共にまなび合う場をつくること」への関心を高める。2015年春、東京の小学校を退職。新たな生活の場、沖縄でSudbury Schoolに出会いわくわくしている。

サイモン

サイモン

イギリス出身、1997年より日本在住。
中学校で8年間、ALT(外国語援助教師)として勤務。大学でも4年間、非常勤英語講師として勤務し、小学校や塾でも英会話を教えるなど、さまざまな教育を経験している。大学院では言語学を専攻し、イギリスでは小学校教育を研究。このような経験の中から、サドベリー風の教育が一番子どもにいいと結論した。
趣味は、海に行ったり、自転車に乗ったりすること。絵や漫画を描くのも好き。
教育についての本も書いていて、ALTの授業の教科書が完成し、英語の討論の教科書も準備している。